ローンが残っている家を高額売却する方法!一戸建て・マンション・土地、自宅・投資不動産すべて対応!【2021年10月最新】

知らなきゃ損!今ならローンの返済中でも売却できて、利益も出せる!?

こんな、お悩みがある方へ・・

住宅ローンの支払いが大変で家を売却して完済したい

◯家族が増えたので、もっと広い家に住み替えしたい

◯今、不動産売却を考えているが絶対に失敗したくない

◯現在の不動産の管理が面倒で、売れるときに高く売りたい

◯離婚をすることになり、家を売却して財産分与をしたい

親の不幸で家を相続したが、使わないので売却したい


上記のようなお悩みありませんか?

不動産のローンがまだ残ってる場合は、
「抵当権」がついているため、抹消しなければ売却はできない
仕組みとなっています。

では、どうすればいいのか?

今の家を高額で売却し、住宅ローンを一括で返済
すればいいんです!

そのためには、
家の売却金額がローンの金額を上回る必要があります

そうでないと、別途自己資本を用意するか、
住み替えローンに等に切り替える必要があります。
あまり希望はしたくないですよね?)

そこで、「最も大事なこと」は
「家をどう最高価格で売却できるか」
です。

実は今、全国で不動産バブル!不動産価格が急上昇!

あなたは、
日本全国各地の不動産価格が上昇している
ということをご存知でしょうか?

出所:国土交通省・不動産価格指数

上記のグラフは、
国土交通省が公式に発表している、
不動産価格指標の推移になります。

・東京オリンピック開催
・外国人観光客増加

の影響で、
国内の実需はもちろん海外投資家からも大人気で、
ここ10年程度、急上昇しているのです。

特にオリンピックは、開催時より、
開催後の観光客増加による経済効果が
期待されているのです。

都心だけではなく地方まで、不動産価格が急激に上昇。

まさに、不動産バブルの状況です

この状況を利用し、
持っている家や不動産の高額売却に成功した
という人が激増しています。

20年前に購入したマイホームが、当時よりも500万円高く売れた
10年前に買ったマンションが、2倍の値段で売れた
結果として、残ローン返済だけでなく利益が出た

というケースはよく聞くようになっています。

しかし、市場として不動産価格が上昇していても
「どうやって売るか?」は非常に重要です。

不動産価格は買手に決まりますが、
査定業者の得意領域等によって査定価格にかなりの違いがあります。

複数の不動産会社の査定額を比較してみると
数百万~1,000万以上違う場合も珍しくありません

査定複数

 

従来、近所の不動産屋いくつかに問い合わせをし、
査定を受けて売却するしか方法がありませんでしたが
1〜2社だけでは「適正価格」「最高価格」は分かりません

そんな時に便利なのが
「おうちダイレクト」の不動産一括査定です

・簡単60秒程度の情報入力で、AIが査定金額を算出
高く売れる業者最大9社に一括で査定依頼可能
・「売り出す」だけでAmazonギフト3万円プレゼント

という理由で
最も選ばれている不動産売却の手法
となっています!

すぐに売却する気がなくとも、
将来のことを考え、登録しておくことをおすすめします!

・不動産の適正価格を把握
・有料業者とのコネクションを確保
の2つが、市場変動リスクへの有効な対策となります。

AI審査で、最高価格での査定業者と金額が、すぐにわかる『おうちダイレクト』

おうちダイレクトは、
ヤフー・ソニーが共同で運営する一括査定サービス。

その圧倒的なネットワークで、
全国各地の「有料不動産業者」と提携

AIが膨大なデータを使って適性価格を算出し
その中で高く売れる業者だけに査定見積りを依頼できます。

家の情報や、連絡先などを入力するだけで、簡単に利用できます。
完全無料で利用でき、
面倒な営業なども一切ありません

度で最大9社に査定見積もりを依頼!

「おうちダイレクト」は
YAHOO!JAPANとソニーグループが共同で運営。
TVCMで流れている大手不動産会社から、地域密着の不動産会社まで
様々な不動産業者の中から、
高額で査定してくれる業者を紹介
してくれます!

AIが、あなたの不動産価格をすぐに算出!

おうちダイレクトでは、
AIが「過去の取引実績」や「近隣の販売状況」などを元に、
自動的に査定額を算出!
あなたの物件の相場を、今すぐ把握することができます!

面倒な登録や、情報入力などは一切必要なし!
カンタン60秒で
物件情報や連絡先を入力するだけで完了します!
料金は完全無料!
査定だけでも気軽に利用できまます。

すぐに売却する気がなくとも、将来のことを考えて、
まずはAIの価格算定目的で利用
してみましょう。

・不動産の適正価格を把握

・有料業者とのコネクションを確保
の2つが、市場変動リスクへの有効な対策となります。

 

2021年公示地価全国平均が6年ぶりに下落!高額で売却するなら、今。

出所:国土交通省・令和3(2021)年 地価公示 圏域別・用途別対前年平均変動率

近年は東京オリンピック・外国人観光客の増加で
地価、不動産価格が上がり続けてきました。

しかし、2021年(令和3年)
新型コロナウイルスの影響が原因で、
地価の下落が観測されました。

今回のコロナウイルスもそうですが、
将来のことは誰にもわかりません。

今後、いつ不動産価格がさらに暴落するかもわかりません。

不動産が暴落してからでは、取り返しがつかず、
現在の査定金額を基準とすると、
数百万~数千万円以上の大損害となりかねません。

繰り返しになりますが、
・不動産の適正価格を把握
・有料業者とのコネクションを確保
の2つが、市場変動リスクへの有効な対策となります。

すぐに売却する気がなくとも、
いざという時に、慌てず売却するために、
「あのとき高く売れたかも」と後悔しないために、
将来のことを考え、今自宅の価値を調べてみましょう。