ヒートガンのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】ヒートガンの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。ヒートガンの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのヒートガンをランキング形式でご紹介。
asahinatayuu

塩化ビニールの加工やシュリンク包装作業など、熱処理を必要とする作業に欠かせない『ヒートガン』。自宅でDIYをする人にとっても人気が高いアイテムです。種類や性能も豊富なので、どのヒートガンがよいのか迷ってしまう方が多いでしょう。

今回は『ヒートガン』のおすすめ人気比較ランキングをご紹介していきます。選び方や使用用途についても詳しく解説しているので、参考にして使いやすく自分の用途のあったヒートガンをみつけましょう。

ヒートガンの特徴

ヒートガン おすすめ 特徴

ヒートガン』とはボタンを押すことで先端のノズルから温風がでる工具です。形はヘアドライヤーに似ていますが、ヒートガンからでる温風はヘアドライヤーよりも高温で温風を必要とする加工作業などに使われます。

工場での本格的な作業から家庭でのDIYで使用するなど、用途によって幅広いモデルが発売されているのも特徴。温風がでるといっても炎がでるわけではないので安全性は高く、塩ビ配管や伸縮チューブの加工もしやすいのがメリットです。

今回のランキングでは家庭用のDIYで使えるヒートガンを中心にご紹介していきます。

ヒートガンのノズルの種類について

ヒートガン おすすめ 種類

集中熱風型

集中熱風型』のノズルは先端が細くなっているタイプで、こまかく精密な作業を行う際に使用されます。熱を与える箇所にピンポイントで温風をあてれるので、その他の箇所を損傷させてしまう恐れがありません。先端の形状はモデルによってさまざまです。

ヘラ型

ヘラ型』は掃除機のノズルに形状が似ていて、幅広い場所に温風をあてる場合に有効。幅広いに作業に使えますが、特に広い面積の箇所にフィルムなどを加工する際に使われることが多いです。

フック型

細長いチューブなどに温風をあてる場合に使いやすいのが『フック型』です。他のノズルに比べて使用用途は少なく、購入するヒートガンによっては付属品として備えつけられている場合もあります。

ヒートガンのおすすめ使用用途

ヒートガン おすすめ 使用用途

塩化ビニールの加工

塩化ビニール』は価格がリーズナブルで扱いやすい特徴があるので、自宅でのDIYには欠かせないアイテム。上手に加工すればおしゃれなテーブルやラック、収納棚などをつくるのに役立ちます。

ヒートガンを使って塩化ビニールを加工する場合、曲げるなら60~80℃、溶接なら260~280℃くらいが一般的です。曲げるだけの加工であれば、価格が安い低温のヒートガンでも可能なため、ちょっとDIYにも適しています。

シュリンクの包装作業

熱収縮性プラスチックフィルムに温風をあてて、包みたいものの形状に合わせフィルムを密着させる包装の仕方を『シュリンク』包装といいます。店頭に並んでいるCDや漫画をフィルムで包む際に用いられることが多いです。

シュリンクフィルム用の幅広ヘラ型ノズルを使えば誰でも簡単にお店で売られているような状態の包装ができるので、ネットショップやオークションで商品を販売している方に人気があります。

車などのフィルム剥がし

ヒートガンは車などのフィルム剥がしやコーティングを自分でやる場合に役立ちます。フィルム剥がしを業者に依頼するとリアガラス1面で8000~15000円、フロントガラスでも9000~15000円するのが相場。

自分でフィルム剥がしを行い工賃代をうかせようと考えるのは当然のことでしょう。しかし車のフィルム剥がしやコーティングはかなり大変で、素人がやろうとするときれいな施工ができない場合があるので注意が必要です。

半田付け作業

局所加熱用のノズルを使えばヒートガンでの『半田付け作業』も可能です。半田は種類によって溶ける温度がことなるため、幅広い温度調整ができるヒートガンを選ぶとやりやすいでしょう。

高すぎる温度で半田付けをしてしまうと、周囲の部品が故障してしまう可能性があります。ダメージを与えたくない箇所には、養生テープやアルミホイルをこまかく使い保護して作業を行う必要があるでしょう。

熱収縮チューブの収縮作業

熱収縮チューブ』は熱を加えることで記憶させた形状へ収縮するチューブで、電線やハーネスの結束や防水、耐熱に使われます。ヒートガンを使い簡単に収縮させることが可能。

チューブによって必要な熱量はことなりますが、70℃くらいの低温でも収縮するチューブがあります。ヒートガンだけではなくドライヤーや半田ごてを使って収縮させることもできます。

失敗しないヒートガンのおすすめの選び方

ヒートガン おすすめ 選び方

付属ノズルがあると便利

ヒートガンを使う上でノズルの種類は重要、ノズルが数種類あると用途に合った使い分けができるので便利です。たとえば半田付けの作業であれば集中熱風型ノズル、ヘラ型ノズルは広範囲に温風をあてることができるのでフィルムの施工などに便利です。

発売されているヒートガンには数種類の付属ノズルがついている場合があります。ヒートガンを購入する前には、自分の用途に合った付属ノズルがついているかをしっかりと確認するようにしましょう。

自立する形状だと作業が楽

片方の手でヒートガンをもって加工したいものに温風をあてるスタイルが基本的ですが、塩化ビニールを曲げたり熱収縮チューブの加工は両手を使って行った方が効率がよいでしょう。

自立する形状のヒートガンであれば、置いた状態で両手を使っての作業が可能になるので効率よく加工できます。また自立する形状だけではなくヒートガンの形状はさまざま、もちやすい形状を選ぶと作業がしやすくなります。

風量調整できるものを選ぶ

ヒートガンには温風の風量調整ができるタイプがあります。用途や加工するものによって風量を調節できれば、それだけ作業時間の短縮にもなりますし用途の幅も広がるので便利です。

風量調整ができるヒートガンは強と弱の2パターン変更のタイプが一般的ですが、中には3パターン変更のヒートガンもあります。基本的には2パターン変更でじゅうぶんですが、幅広い用途で使う予定があれば3パターン変更タイプをおすすめします。

ヒートガンを使う時の注意点

ヒートガン おすすめ 注意点

作業用の手袋をする

ヒートガンを使う時は作業用の手袋をはめて作業をしましょう。加工したものや箇所は温風で高温になっているので、素手で作業をすると火傷をしてしまう恐れがあります。作業用の手袋には軍手や革手袋などのかたい素材がおすすめ。

長袖の洋服を着る

肌を露出した状態でヒートガンを使うと火傷やケガに繋がる恐れがあるので、長袖の洋服や作業服を着て使用した方が安全です。マスクや帽子も安全性を高める上で重要なので、ヒートガンを扱うことに慣れていない場合は特に注意が必要です。

また自身を保護するだけではなく周囲に人はいないか、風によって加工したものが動いてしまわないかなど使用する場所にも注意をはらい安全対策をしておきましょう。

使用できる時間を確認する

ヒートガンを連続して使用できる時間を定格時間といいます。定格時間を超えて使用してしまうと、ヒートガンの発火や故障に繋がる可能性があります。

ヒートガンの定格時間を把握して作業を行いましょう。それぞれの定格時間はヒートガンの種類によってことなるので、どれだけの作業時間なのかを考えてヒートガンを選ぶことも大切です。

使った後はしっかりと冷ます

ヒートガンは温風をだすアイテムなので、使用後はしばらく高温状態が続きます。火傷やケガを防止する上でも、使った後はしっかりと冷ますようにしましょう。

ヒートガンには冷却機能がついているタイプがあり、冷却機能つきのヒートガンを選べば冷ます時間を短縮できます。同時に冷風をだせるタイプもあるので、ヒートガンだけではなく加工したものを一緒に冷ましたい場合におすすめです。

ヒートガン のおすすめ人気比較ランキング

第10位

スイッチを入れるだけで一瞬にして350℃の高温に!用途が幅広く軽量コンパクトなストレートタイプ!

TACKLIFEが発売しているヒートガンはスイッチを入れるだけで、一瞬にして350℃の温風をだすことができます。塩化ビニールの加工はもちろん、熱収縮チューブやシュリンク包装が可能。

重さは缶ジュース1本ぶんとかなり軽量、コンパクトなストレートタイプでモーターの音もうるさくなく自宅でのDIYに最適です。曲面ノズルが付属でついており、さらに用途の幅が広がります。

第9位

太洋電機産業 ヒートガン HG1100

8,882円(税込)

立てて使える自立型のヒートガン!世界屈指の技術で均等にバランスよく温風をあてることができます!

太洋電機産業のヒートガンは世界的に有名な扇風機会社である、ライスター社が開発した技術によってつくられています。そのため風量が安定しているので、均等にバランスよく温風をあてることが可能。

立てて使える自立型のヒートガンなので、両手を使いたい作業に向いています。対応するノズルは全てで4種類ありますが、別売になっています。専用のキャリーケースつきなので、もち運びは非常に便利です。

第8位

マキタ ヒートガン HG6031VK

9,155円(税込)

9段階の温度調節で幅広い用途に対応!ノズルセットもついているので非常にお得!

日本を代表する総合電動工具メーカーのマキタが発売するヒートガン。大きな特徴は9段階の温度調節ができるところ、用途に合わせた温度調節が的確にできるので幅広い作業を行えます。

付属のノズルはガラス保護ノズル、平面ノズル、曲面ノズル、丸ノズル、スクレーパー2種類がついてくるので非常にお得です。音も静かで電熱線もついているため長時間の作業が苦になりません。

第7位

コスパのよいヒートガンをお探しの方におすすめ!付属ノズル4種類つき!

コスパがよいと高い評価の声が多いヒートガン、専用ケースがついて付属ノズルも4種類あるので1台あればさまざまなDIYで活躍してくれるでしょう。低い温度を使う時には消費電力も少なくなるので経済的です。

風量と熱量の調整は共に2段階で、用途の合わせた使いわけが可能。使いはじめにスイッチを入れると、白煙がでてしまうようですがヒートガンの異常ではなく正常な状態のようです。

第6位

白光 ヒーティングガン FV310-81

8,227円(税込)

温度風量可変タイプのヒートガン!小さくて軽く安定性があるので女性にも向いている!

一般的に温度風量可変タイプのヒートガンは高価なものが多いですが、白光の発売しているヒーティングガンはリーズナブルな価格で手に入ります。特に温度を無段階で調整できるので、非常に使いがってがよく便利です。

ノズルは別売ですが、種類が豊富なので揃えることができれば用途の幅がかなり広がります。サイズもコンパクトで軽く、女性でも手軽に使えるのがうれしいポイント。

第5位

強力な温風で熱処理加工に最適!耐熱エンペラを使っているので耐久性が高く軽量!

温度の切り替えは2パターン、手元で簡単操作が可能で用途に合わせた使いわけができます。付属ノズルは4種類つき、日本語説明書もついているので取扱いに困ることがありません。

外装が耐熱エンプラでできているので耐久性が高く軽量、長時間作業をしても手が疲れません。縦置きができるタイプなので、休憩時や熱を冷やしている時に立てて置いておくことができます。

第4位

PSE認証のヒートガン!デュアル発熱シート設計で熱量が安定していて静音モーターなので音が静か!

PSE認証のヒートガンなので信頼性と安全性が抜群です。風量は2パターンで温度調整は50~650℃まで無段階で調整可能、冷却機能もついているので発熱ヒートの負担も軽減してくれます。

デュアル発熱シートで設計されているので、温度の上昇も素早く安定した温風をだすことができます。モーターも日本製の静音モーターなので音は静かです。付属ノズルは5種類と豊富なセット内容になっています。

第3位

リョービ ホットエアガン HAG-1551

7,819円(税込)

安定した使いやすさ!フィルム剥がしや剥離作業に便利なスクレーパーつき!

リョービのヒートガンの特徴は使いやすさ、風量調節はもちろん温度調整も50~550℃の調整ができます。多少の重さは感じますが、フィルム剥がしや剥離作業に便利なスクレーパーがついているので効率よく作業できます。

専用ケースの質が高いのも特徴ですが、電源コードが長く広い場所で使えるのも大きなメリットです。低価格で本格的なプロが使うヒートガンがほしい方におすすめできます。

第2位

リリーフ ヒートガン RHG-1500

3,980円(税込)

高性能だから作業効率がよい!価格は低いのに付属品が多いのでリーズナブルなヒートガンを探している方におすすめ!

安い価格で高性能なヒートガンを手に入れたい方におすすめ。温度調整は50~550℃、1500Wの高出力なので塩化ビニールの加工や剥がし作業などを効率よく行えます。

価格は低いのに付属品が豊富なので、リーズナブルなヒートガンとしての人気が高いです。プラスチック製なので価格が高く感じる方もいるかもしれませんが、それを補うくらい高性能なのが特徴。

第1位

ボッシュ ホットエアガン GHG23-66

22,249円(税込)

風量と温度調整をこまかく行える高性能なヒートガン!ラバーグリップが装備されているのですべりにくく使いやすい!

自宅でDIYをするくらいのヒートガンにしては価格が高いですが、それだけの価値があるヒートガンです。温度調整は50~600℃まで調整できるのにくわえて、風量も10段階での調整が可能になっています。

LCDディスプレイが搭載されているので、より的確な調整ができ作業を効率的にこなせます。手にフィットするので使いやすく、ラバーグリップの装備されているのですべりにくいのも特徴。

ヒートガン のおすすめ比較一覧表

商品画像
ボッシュ   ホットエアガン  B07JZT9F9S 1枚目
リリーフ  ヒートガン  B003B3B88Q 1枚目
リョービ  ホットエアガン  B00SUQ210S 1枚目
elesories  ヒートガン  B07SN2Y71X 1枚目
POPOMAN  ヒートガン  B081JV52HT 1枚目
白光  ヒーティングガン  B01MXNXVU1 1枚目
高儀  ヒートガン  B01M1MV380  1枚目
マキタ  ヒートガン B079M8YVM4  1枚目
太洋電機産業  ヒートガン  B07PQMWBTS 1枚目
TACKLIFE  ヒートガン  B07VNG6YCS 1枚目
商品名 ボッシュ ホットエアガン リリーフ ヒートガン リョービ ホットエアガン elesories ヒートガン POPOMAN ヒートガン 白光 ヒーティングガン 高儀 ヒートガン マキタ ヒートガン 太洋電機産業 ヒートガン TACKLIFE ヒートガン
型番 GHG23-66 RHG-1500 HAG-1551 HG1012 MTR100A FV310-81 HG-1450A HG6031VK HG1100 HGP35AC
特徴 風量と温度調整をこまかく行える高性能なヒートガン!ラバーグリップが装備されているのですべりにくく使いやすい! 高性能だから作業効率がよい!価格は低いのに付属品が多いのでリーズナブルなヒートガンを探している方におすすめ! 安定した使いやすさ!フィルム剥がしや剥離作業に便利なスクレーパーつき! PSE認証のヒートガン!デュアル発熱シート設計で熱量が安定していて静音モーターなので音が静か! 強力な温風で熱処理加工に最適!耐熱エンペラを使っているので耐久性が高く軽量! 温度風量可変タイプのヒートガン!小さくて軽く安定性があるので女性にも向いている! コスパのよいヒートガンをお探しの方におすすめ!付属ノズル4種類つき! 9段階の温度調節で幅広い用途に対応!ノズルセットもついているので非常にお得! 立てて使える自立型のヒートガン!世界屈指の技術で均等にバランスよく温風をあてることができます! スイッチを入れるだけで一瞬にして350℃の高温に!用途が幅広く軽量コンパクトなストレートタイプ!
価格 22,249円(税込) 3,980円(税込) 7,819円(税込) 2,880円(税込) 2,499円(税込) 8,227円(税込) 4,500円(税込) 9,155円(税込) 8,882円(税込) 1,850円(税込)
商品リンク

ヒートガンのおすすめまとめ

ヒートガン おすすめ まとめ

ヒートガンのおすすめ人気比較ランキングをご紹介してきました。自分の用途に合ったお気に入りの1台をみつけることができましたか?

プロの職人が行うような本格的な熱処理作業を行うのにも使われるヒートガンですが、コンパクトでお手頃な価格の製品を選べば、自宅でのDIYも効率的にこなせます。お気に入りの1台をみつけてお部屋のインテリアつくりなどにお役立てください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

ヒートガン
のおすすめ関連記事をもっと見る