Android (アンドロイド)タブレットのおすすめ人気比較ランキング10選【最新2020年版】

【最新版】Android (アンドロイド)タブレットの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。Android (アンドロイド)タブレットの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのAndroid (アンドロイド)タブレットをランキング形式でご紹介。
おすすめBEST編集部

昨今、日常生活の身近なツールとなりつつある『タブレット』。スマホよりもできることが多くて便利ですが、いざ探してみると種類がたくさんあり、OSなどを気にしなくてはなりません。

今回の記事でおすすめするアイテムは、リーズナブルにゲットできるAndroidタブレットです。Androidタブレットの特徴や人気商品ランキングを紹介していくので、タブレット選びに悩んでいる方は参考にしてみてください。

Android (アンドロイド)タブレットとは

Android アンドロイド タブレット とは

まず『Android OS』とは、Google社が独自開発したOSのことです。Androidタブレットには、当然ながらOSとしてAndroidを搭載しています。

Androidはオープンソースで無償提供されていることから、タブレットのOSに採用するメーカーも多いです。リーズナブルでも機能が充実したモデルを見つけられることが、Androidタブレットを選択する大きなメリット。

最近のタブレットはネットサーフィン程度なら問題なく使用できますし、料理中やお風呂のシーンで役立つ防水機能を備えたモデルも、Androidタブレットで安くゲットできます。

Android (アンドロイド)タブレットのおすすめポイント

Android アンドロイド タブレット おすすめ ポイント

種類が豊富

上述したように、AndroidをタブレットのOSに採用しているメーカーは多いため、各社が機能面で差をつけています。手に持っていても疲れにくい薄型軽量モデル、アウトドアでの使用に役立つ防水・防塵機能を備えたモデルなど、ユーザーが個々に求めるニーズに対応するタブレットが非常に豊富です。

予算が限られた状況でも、Androidタブレットは欲しい製品を見つけやすくなっています。

ハイスペックな商品が多い

重い作業をこなすときもサクサク動作するメモリ容量が大きいタブレットや、キレイな映像が楽しめる高解像度ディスプレイのタブレット。WindowsやiOSといった他社のOSを搭載したハイスペックモデルの価格は高めですが、Androidタブレットだと比較的リーズナブルに購入できます。

もちろんAndroidタブレットでもスペックと価格は比例するので、用途と予算に応じて本体を選びましょう。

Googleサービスと相性が良い

Google製OSのAndroidは、『Gmail』や『Googleスプレッドシート』などのGoogleが提供する各種サービスと相性バツグン。プライベートや仕事でGoogleのサービスを活用する場面が多い方にも、Androidタブレットはピッタリのアイテムといえるでしょう。

Android (アンドロイド)タブレットのおすすめの選び方

Android アンドロイド タブレット おすすめ 選び方

Android OSのバージョンで選ぶ

市販のタブレットには、あらかじめインストールされているOSのバージョンがあります。OSを旧バージョンのままにしておくと、タブレットには欠かせないアプリやゲームを満足に利用できなかったり、ウイルスに感染して個人情報を盗まれるなどのリスクが大きな不安要素です。

最近のアプリを動作させるために必要なOSのバージョンは、『Android 5.0』以上が目安となっています。最新モデルを買うなら問題ありませんが、安い型落ちモデルを探してみる場合は注意してください。

タブレットのOSは購入後も最新バージョンにアップデートできるため、どうしても古いバージョンのAndroidタブレットが欲しくて購入したときは、セキュリティ対策も兼ねて早めにOSをアップデートしましょう。

サイズで選ぶ

7~8インチ

スマホより少し大きいくらいの7~8インチサイズは、ネットサーフィンや動画の視聴に向いています。コスパ良好なモデルが豊富なので、将来の買い替えを見越してAndroidタブレットの特徴を調べたい方にもおすすめです。

外出時も気軽に持ち歩けるため、手に持ったときのサイズ感や重量を気にすると活用シーンが増えます。

10インチ

少し大きめなサイズの10インチは、小型サイズのタブレットより動画の迫力が大幅アップ。漫画や小説の細かい文字も拡大して読みやすいため、電子書籍を楽しみたい方にもバッチリ。

サイズに比例して片手持ちが難しい重さになるので、小型タブレットと同じ感覚で持ち歩かないように気をつけましょう。

10インチ以上

10インチ以上のタブレットは、ノートPCにも引けを取らないハイスペックモデルが充実しています。オプションのキーボードカバーを接続することで、タブレットとノートPC両方の機能が使える2in1タイプの機種も人気です。

ネットサーフィンからビジネス用の文書作成まで、さまざまな用途に使いやすいサイズといえます。相応の重量があるため、持ち運ぶときは落下に注意しましょう。

通信方法で選ぶ

SIMフリーモデル

Wi-Fiが使えない環境でインターネットに接続したい場合、『SIMフリー (LTE)モデル』のAndroidタブレットが必要です。タブレットにSIMカードを挿入することでモバイル回線の利用が可能になり、どこでもインターネットを使えます。

262335101

最近はすっかりおなじみになった格安SIMも使えるため、通信料金を抑えられるメリットがありますが、Wi-Fiモデルのタブレットより全体的なコストが増加することに注意しましょう。

Wi-Fiモデル

Wi-Fiの電波が飛び交う場所での使用なら、『Wi-Fiモデル』のAndroidタブレットがおすすめです。上述のようにWi-Fiが使用不可能な状況では、インターネットに繋げられないデメリットを覚えておきましょう。

同性能のSIMフリーモデルとWi-Fiモデルだと、コスパはWi-Fiモデルのほうが圧倒的に有利。平均でSIMフリーモデルより5,000円~10,000円程度安くなるため、屋内の使用に限定するならWi-Fiモデルがオトクです。

CPUで選ぶ

Intelなどのメーカーが販売する『CPU』は、シンプルにいうと各種計算を担当してくれるコンピュータの頭脳。CPUは処理能力に関わってくるパーツなので、Androidタブレットにおいても重要です。CPUのスペックでは、コアの数とクロック周波数をチェックしましょう。

コアはCPUの核といえる部分で、数が多いほど性能も上昇します。タブレットを快適に動かしたいなら、コア数が4個(クアッドコア)~8個(オクタコア)の機種を選ぶと安心です。

CPUを動作させるための信号をクロックといい、単位は『GHz(ギガヘルツ)』で表されます。1秒間に発生するクロックの数を示したクロック周波数は、タブレットでは1.8GHz(1秒に約1億8千万回のクロック)~2.3GHz(1秒に約2億3千万回のクロック)が選択の目安です。

高性能のCPUを搭載したモデルは高価になるので、自分の使い方に必要なスペックを見極めて決めましょう。

メモリで選ぶ

メモリ』とは、現在開いているプログラムやアプリのデータを一時的に記憶するためのパーツです。メモリ容量の単位は『GB(ギガバイト)』で、容量が大きいほどタブレットの処理速度も向上します。

Androidタブレットの用途をネットサーフィンに限定するなら1GBでも十分ですが、アプリやゲームを複数かつ同時に開く場合は4GB~8GBのメモリ容量がないと安定して動かせません。

タブレットの動作を快適にするためにも、メモリ容量は適切に選びましょう。

ストレージで選ぶ

自分がDLしたアプリや音楽ファイルなどを保存しておく場所が『ストレージ』です。タブレットのシステムファイルなども格納されているため、たくさんのファイルを保存する予定がある場合はストレージ容量に注意してください。

ストレージ容量の単位も『GB』で示されており、タブレットで選択できる容量は8GB、16GB、32GB、64GB、128GB、256GBが大半です。さらに大容量のモデルも存在しますが、普通の使い方なら完全にオーバースペックといえるでしょう。

8~16GBはネットサーフィン、32GBはアプリの保存、64GB以上は音楽や動画ファイルの大量保存に向いています。別売りのmicroSDカードで容量を増やせるモデルだと、購入後にストレージ容量が足りなくなったときも安心です。

あえてストレージ容量を少なめにしてコストを節約することもできるため、タブレットが外付けストレージに対応しているかもチェックしておきましょう。

解像度で選ぶ

上のほうで触れた『解像度』は、カンタンに表現するとタブレットの画面を構成する細かい点(ドット)の数です。高解像度のモデルは、詳細なディテールまでハッキリした写真や映像を楽しめます。

Androidタブレットのラインナップでは、『WXGA(1280×800ドット)』、『Full HD(1920×1080ドット)』、『WUXGA(1920×1200ドット)』といった解像度がスタンダードです。

解像度が低いと小さい文字が潰れてしまうため、目の疲れがたまりやすいことも大きなリスク。タブレットで電子書籍を読みたい方は、特に高解像度モデルをおすすめします。

機能で選ぶ

防塵・防水機能

お店やオフィスでタブレットを使う際は問題なくても、海や山にタブレットを持っていくなら『防塵機能』・『防水機能』は欠かせません。普通に検索しても見つかりにくいスペックですが、機能が備わったモデルは商品ページで『IP67』などの記載がされています。

上記のIP67は前の数字が防塵性能の等級、後ろの数字が防水性能の等級を示しているため、『防塵性能6級、防水性能7級』という意味です。これらの等級は数字が大きいほど性能が高く、IP67の記載がある機種はほぼ最高レベルの防塵・防水性能を備えていることになります。

よりアウトドアレジャーに密接な防水機能は、軽く水がかかっても大丈夫な『IPX4』や、短時間の水没に耐えられる『IPX7』程度の等級が備わっていると便利です。

キッズモード

子どもにタブレットを使わせるとき、忘れてはいけない機能が『キッズモード』。アダルトサイトなどの有害なページを覗けないようにしたり、有料アプリを購入できないようにするなど、子どものネット利用に制限をかけられる機能です。

家族全員で使うAndroidタブレットを購入したい場合、キッズモード搭載モデルを選択すればトラブル防止に役立てられます。

ブルーライトカット機能

タブレットやスマホのディスプレイから発せられる『ブルーライト』は、近年テレビで話題になることも増えています。ブルーライトを長時間目に取り込んでいると、負担が増加して目の疲れなどを引き起こすため、タブレットでも注意しないといけません。

タブレットで長時間ゲームを楽しむ予定の方には、目の負担を減らすブルーライトカット機能搭載モデルがおすすめです。

GPS機能

人工衛星を利用してユーザーの現在位置を特定する『GPS』は、スマホで馴染み深い方が多いかもしれません。『Pokémon GO』のような位置情報を利用したゲーム(位置ゲー)のプレイや、タブレットをカーナビ代わりに使うときは、必ずGPS機能の有無をチェックしましょう。

最近のアプリやゲームは位置情報が必須になるものも増えてきているため、今後を見越したGPS機能付きAndroidタブレットの購入も検討してみてください。

Android (アンドロイド)タブレットのおすすめメーカー

Android アンドロイド タブレット おすすめ メーカー

Huawei (ファーウェイ)

中国メーカーの『Huawei』は、リーズナブルでも高機能なモデルを充実させています。ユーザビリティを追求したモデルが多いため、性能と使いやすさを両立させたい方におすすめです。

はじめてのタブレット選びに困った際は、HuaweiのAndroidタブレットを購入しておけば失敗がありません。

ASUS (エイスース)

台湾メーカーの『ASUS』は、ノートPCの分野で高い評価を得ています。タブレットにもノートPC開発で得られた技術が盛り込まれているため、高水準にまとめられた性能のモデルが豊富です。

Androidタブレットの利点であるコスパにも強く、ムダな機能を省いたモデルでユーザーの選択の幅を増やす心遣いも好感が持てます。

Lenovo (レノボ)

中国メーカーの『Lenovo』は、30年以上前からパソコンなどの電子機器を手がけています。Lenovoはタブレットのエントリーモデルを多く展開しているので、ブランドの信頼性を気にする方にピッタリ。

コスパに優れた高性能モデルも充実していますから、Androidタブレットをどんどん買い替えていけます。

Android (アンドロイド)タブレット のおすすめ人気比較ランキング

第10位

テックウインド タブレット A10B-A71BK

28,522円(税込)

満足できるAndroidタブレット

高画質を実現する1920×1200ドットのIPS液晶、最大10時間動かせる大容量バッテリー、カンタンに位置情報を取得できるGPSセンサーなど、10.1インチの本体には高性能パーツが詰まっています。

ノートPCに搭載される一般的なUSBポート(フルサイズUSB) が使えるため、外部機器との連携にも強いです。Androidタブレットを便利にするGoogle Playもインストール済み。

第9位

Dragon Touch タブレット MAX10

18,999円(税込)

驚きのコスパ

オクタコアCPUと3GBのメモリで、ほとんどの作業を快適にこなせます。32GBのストレージに加えてSDカードで最大128GBの拡張が行えるため、アプリやゲームをたっぷり堪能できるでしょう。ディスプレイは高解像度のWUXGAです。

タブレット周囲の光量に応じて画面の明るさを調整する読書モードも便利。別売りのBluetoothキーボードを接続すると、ノートPCの役目も果たすようになります。

第8位

小型サイズに高性能

背面に「Nexus」の文字が抜かれたボディは、シンプルながらも洗練された見た目です。24時間動かせる高効率のバッテリーで、どんなときもパッと取り出して使えます。

通信料金を抑えられるSIMフリーモデルですから、屋外でも快適にネットサーフィン。クアッドコアCPUと3GBのメモリが搭載されているので、動画もヌルヌル動きます。

第7位

多くを求めないユーザーなら大満足

エントリーモデル向けの「Android 8.1 Go」を搭載しているので、初心者もラクラク扱えるようになっています。性能は必要最低限といったところですが、手ごろな7インチサイズがあらゆるシーンに活躍するAndroidタブレットです。

夜間の読書中にバックライトを調整するモード設定があるため、小さい画面でも目に優しくなっています。ポケットに収まるサイズと約250gの軽量設計で、旅行に持っていくときも荷物になりません。

第6位

ケタ違いの臨場感

高解像度ディスプレイとダブルスピーカーの効果で、ダイナミックな動画コンテンツの魅力をフルに味わえます。クアッドコアCPU+3GBメモリの組み合わせは、最近増えている高画質動画の再生も非常にスムーズ。

128GBまでのmicroSDカードが使えますから、動画も音楽もガンガン保存して楽しみましょう。HDMI出力に対応しているため、HDMIケーブルを準備すればテレビでもキレイな映像を流せます。

第5位

普段遣いに十分な性能

スマートなイメージを演出する8インチの薄型ボディに、オクタコアCPU、WUXGA解像度、3GBメモリ、約1300万画素のカメラなどの嬉しい要素が充実しています。最大512GBまで拡張可能な外付けストレージも便利です。

シンプルなデザインは外出時にも目立たず、ハデさが苦手な方にピッタリ。キッズモード搭載モデルなので、子どもに使わせるときは活用しましょう。

第4位

エントリーモデルながら、高い機能性

やりたいことが多くても安心の10.1インチサイズに、エントリーモデルとしては十分な高解像度ディスプレイやオクタコアCPUが備わっています。microSDカードを最大128GBの外付けストレージにできるため、家族みんなで共有できるAndroidタブレットです。

バッテリーもネットサーフィンで約11時間、動画再生に約8時間使える大容量。GPSと加速度センサーを搭載しているので、カーナビにすることもできます。

第3位

Amazonの利用をもっと便利に

いわゆるAmazonタブレットと呼ばれるFireシリーズに搭載された「Fire OS」は、AmazonがオープンソースのAndroidをベースに開発したカスタムOSです。当然Amazonのサービスと相性がいいため、プライム会員であればショッピングだけでなく音楽などのコンテンツを最大限に楽しめます。

家電の音声コントロールが可能になるAlexa搭載、子どもに利用させるときも安心の機能制限、400GBまでのmicroSDカードに対応など、リーズナブルな価格に便利な機能が揃ったタブレットです。

第2位

最高のペンタブレット

本体に収納できるタッチペン(スタイラスペン) 付きのタブレットで、咄嗟のメモ書きやお絵かきの用途に役立ちます。タッチペンは最高レベル「IP68」の防水・防塵性能を備えているので、悪条件の環境でも精度バツグンの手書き入力機能を活用できるでしょう。

3Dゲームもサクサク動作するCPUのSamsung Exynos 7904(オクタコア) を搭載。microSDカードは512GBまで認識するため、いろいろなアプリやゲームを詰め込んで持ち歩きましょう。

第1位

必ず選択肢に入れたいタブレット

最大2.36GHzのクロック周波数を誇るオクタコアCPUが、ノートPC並の処理能力を実現。Android 8.0がベースのカスタムOS「EMUI 8.0」を活かした新感覚の操作が楽しめます。

10.1インチのディスプレイに反して重量は500g以下なので、長時間の作業で腕が疲れにくいことも嬉しいポイント。落ち着いた質感のメタルボディは、老若男女を問わずに使いやすくなっています。

Android (アンドロイド)タブレット のおすすめ比較一覧表

商品画像
HUAWEI MediaPad B07HCM2VGS 1枚目
Samsung Galaxy Tab B07TS2N27S 1枚目
Amazon Fire HD 8 B0794PLC5W 1枚目
NEC LAVIE Tab B07KP4QWWS 1枚目
HUAWEI MediaPad B07TS78GCM 1枚目
ALLDOCUBE iPlay10 B07SD3B2SB 1枚目
Vankyo タブレット B07Q122SNK 1枚目
Google	 Nexus 6 B00SSY1HQG 1枚目
Dragon Touch タブレット B07XK73JBX 1枚目
テックウインド タブレット B07JK2FNDF 1枚目
商品名 HUAWEI MediaPad Samsung Galaxy Tab Amazon Fire HD 8 NEC LAVIE Tab HUAWEI MediaPad ALLDOCUBE iPlay10 Vankyo タブレット Google Nexus 6 Dragon Touch タブレット テックウインド タブレット
型番 AGS2-W09 SM-P200 PC-TE410JAW JDN2 09 U1006 Vankyo-Z1 XT1100 MAX10 A10B-A71BK
特徴 必ず選択肢に入れたいタブレット 最高のペンタブレット Amazonの利用をもっと便利に エントリーモデルながら、高い機能性 普段遣いに十分な性能 ケタ違いの臨場感 多くを求めないユーザーなら大満足 小型サイズに高性能 驚きのコスパ 満足できるAndroidタブレット
価格 18,063円(税込) 34,900円(税込) 8,980円(税込) 20,800円(税込) 22,500円(税込) 12,900円(税込) 7,599円(税込) 24,800円(税込) 18,999円(税込) 28,522円(税込)
商品リンク

Android (アンドロイド)タブレットのおすすめまとめ

今回は『Androidタブレット』についてご紹介しましたが、いかがでしたか。

Androidタブレットの性能は年々向上しているため、iPadやWindowsタブレット以外の選択肢として検討する価値が十分にあります。ランニングコストの節約で周辺機器を充実させてもいいですし、新たな高性能モデルが出るごとの買い替えも比較的カンタンです。

自分に合ったAndroidタブレットを見つけて、ネットや動画、その他の用途に活躍させてください。

記事をシェアして友達にも教えよう!

Android (アンドロイド)タブレット
のおすすめ関連記事をもっと見る